ペルセウス座流星鑑賞

 お盆が終わりやっとくじゅうへ足を運ぶことが出来ることになった。新月近くになりペルセウス座流星を求めて坊ガツルにテン泊することにする。

 

 吉部登山口を14時10分に出発し、暮雨ノ滝コースで坊ガツルに向かう。

 久し振りに20㎏を超える荷物を背負うと体に堪える。体に負担がかからないようにゆっくりペースで歩くが、流石に急登は足腰に来た。

 坊ガツルに入り空を見上げると南の中岳方面は雲が厚く雲が切れてくれるか心配だ。キャンプ場に近づくにつれ山々の斜面が豪雨で崩れ落ちている姿を目の当たりにして心が痛む。

 

 キャンプ場に着いてテントの設置場所を相当悩んだが自分のテントと天の川を一緒に撮れる場所を何とか確保できた。

 

 19時前に夕食を済ませ暫く坊ガツルの夕景を楽しむ。三俣山方面に夕日が沈み少しずつ廻りが薄暗くなってくるが南の空は相変わらず薄雲が立ち込めている。雲が切れてくれることを願いながら撮影準備を進める。20時を過ぎた頃から白口岳方面に天の川が見え隠れしてきた。薄雲に邪魔されながら天の川と流星狙いでシャッターを押し続けていると22時を過ぎた頃から満天の星空に変わった!!写真を撮っていると近くのテントの親子が寄って来られたので星の話をしながら楽しい時間を過ごすことが出来た。

 

 今回は、久し振りのテン泊だったが昔を思い出しながら坊ガツルを満喫できた。やっぱり坊ガツルは良か~!!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    たまお (日曜日, 23 8月 2020 03:08)

    そうです、坊ガツルで大船山の朝駆けの反省会をして頂いた登山女子二人のです。
    立体的で力強い天の川を拝見し、驚いています。
    良く見ると、私達のテントもチラリと登場しており、楽しませていただきました。
    有り難うございます。本当に、難が有りの大船山でしたが、
    今度は、久住山に朝駆けするぞ〜〜〜なんちゃって!

  • #2

    大西 (火曜日, 25 8月 2020 22:37)

    こんばんは。今から秋になると日の出が東に寄って行きます。10月20日過ぎから天狗ヶ城に朝駆けするとダイヤモンド中岳を観ることが出来ます。良いですよ~!!
    土日でしたら24日(土)か25日(日)がベストと思います。